施工方法について

シロアリ防除には、

建築物の①新築時に行う予防処理と、②既存建築物に対して行う処理があります。

①新築時に行う処理は、シロアリの被害と腐朽を予防する事を目的としてます。

②既存建築物の処理は、建築物を食害しているシロアリを駆除し今後の蟻害を予防する場合と、蟻害は無いが予防の為に行う場合とがあります。床下や被害部分に薬剤を散布・注入する一般的な工法の他、お客様のお住まいの状況に合わせた様々な工法をご用意しております。

弊社のシロアリ防除処理は、

(公社)日本しろあり対策協会に登録された有資格者が認定薬剤を使用し、防除施工標準仕様書及び安全管理基準に基づいて処理を行います。

使用薬剤について

シロアリの予防や駆除に使用する薬剤は、危険なものというイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか?

☆弊社が使用する薬剤は、

すべて(公社)日本しろあり対策協会ならびに、(公社)日本木材保存協会が安全性と効果を評価された。認定薬剤として登録・販売されているものを使用しています。

バリア工法(薬剤散布)

ヤマトシロアリやイエシロアリは、一般に地中を通って建物内に侵入してくることが多いので、建物の基礎の内側や束石の周囲、その他シロアリが通過する恐れのある土壌を薬剤で処理することが、シロアリの侵入を防止する最も効果的な方法になります。通常は、土壌表面に薬剤を散布し防蟻層を形成します。最も一般的な工法は、バリア工法と呼ばれるものです。バリア工法では、まず家屋内に侵入してしまっているシロアリに対して、 薬剤を散布・注入することで駆除します。

木材や壁の中にいるシロアリはドリルで穿孔した穴(※穴は薬剤処理後、補修します。)から薬剤を注入し直接薬剤で駆除します。

そして、次に新たなシロアリが侵入してこないように、あらかじめ薬剤を散布してバリアを作ります。この薬剤のバリア効果は5年間効力が持続しますので、その間は万が一再侵入されてしまった場合でも、保証させていただいております。

ベイト工法

ベイト工法とは、

シロアリの駆除剤を混入した餌(ベイト剤)をシロアリに摂食させて、シロアリの集団を死滅させるシステムです。

ベイト工法のコンセプトはIPM(総合的害虫管理)の理念に沿ったもので、レスケミカル(少量 の薬剤)によって薬剤の環境負荷を低減するシステムです。この工法は、従来工法の約千分の一という少量 の薬剤を使い、しかも、その薬剤が環境へ流失しない閉鎖系のシステムです。

①ベイト工法は、予めシロアリの好む餌(薬剤は入っていない)を入れたモニタリングステーションを地面 に埋設し、シロアリを発見したときにベイト剤をセットする方法維持管理型ベイト工法です。
主に、薬剤を家に散布することに抵抗がある方、特に小さなお子さんや、ペットもしくはアレルギーなどが心配な方におすすめしております。家の周囲に埋め込んだ薬剤の定期的なメンテナンスが必要となります。

②ベイト剤を入れたベイト・ステーションをシロアリが生息している箇所に限定的にピンポイントで設置する方法駆除型ベイト工法とがあります。

※ ヤマトシロアリの駆除には不向きな面もございますので、一度ご相談ください。

※ 駆除ベイト工法、単体での5年間保証は有りません。

新築物件シロアリ予防

新築時に行う処理は、シロアリの被害と腐朽を予防する事を目的とします。

新築建物の木部処理は、通常、地面から1mまでの部材、浴室回り部材、洗面所や台所等の水回り部分の木材を処理します。また,木口、切り欠き、ボルト穴、仕口、接合部、コンクリート接触面等は特に入念な処理が必要です。