ベイト工法(セントリコンシステム)について

「セントリコン・システム」は、アメリカのダウ・アグロサイエンス社が開発した新発想の防除工法。シロアリの習性を利用し、巣ごと退治するシステムで、2000年7月、米国政府が制定する「環境に優しい化学」分野における最高の栄誉とされる“2000年米国環境栄誉賞”を受賞しました。これまでの薬剤処理に対して極めて微量の活性成分でシロアリを巣ごと根絶できる「人と環境に優しい」画期的なシステムです。

シロアリの習性を利用して、巣ごと退治

シロアリは新たな餌場を見つけると、フェロモンを出し、仲間を誘導する習性があります。セントリコン・システムはこの習性を利用。シロアリが好むように調整した薬剤を使用し、つぎつぎと薬剤を摂取させます。

コロニー(巣)のシロアリ全体に薬剤が行きわたることによりシロアリを巣ごと壊滅させる画期的な防除法です。


ゆっくり効くから、しっかり根絶

シロアリには、近くで仲間が死んだりすると、その原因となる危険を回避する警戒能力(忌避性)があります。しかし、このシステムで使用する脱皮阻害剤ヘキサフルムロン、ノヴァフルムロンは、脱皮の時期に効果を発揮(※シロアリは脱皮ができないと死んでしまいます。)するので、餌場にきた働きアリに忌避行動をとらせることがありません。そのため、薬剤の効果が巣の中に行きわたり、巣を完全に根絶することができます。

※駆除の完了までに2~3カ月以上必要 になります。ベイト工法には管理型と駆除型の2種類があります。ベイト工法は、ヤマトシロアリには不向きの場合があります。

ご家族やペット、周辺環境にも安心

シロアリの活動が認められない間は薬剤を全く使用しません。定期点検の時にシロアリがみつかれば、シロアリの検知されたステーションにのみ薬剤を投与します。薬剤は特殊な容器に納めて地面に埋め込まれますので、人やペットが薬剤に触れる可能性はほとんどありません。薬剤の使用量も、1つのコロニ-を駆除するのに多くても約1gとごく微量。従来の工法と較べて、1/1500~1/2000以下です。また使用済みの薬剤は、厳密な管理のもとに回収しますので安心です。

管理型ベイト工法の流れ

シロアリの生態を熟知した専門家が、3つのステップで家を守ります。


●ステップ 1  事前の現場調査 (公社)日本しろあり対策協会のシロアリ防除施工士の資格を取得している施工技術者(セントリコンテクニカルマスター)が、床下や、庭木など、シロアリによる被害状況や活動範囲をあらかじめ調査します。

●ステップ 2  防除開始 建物の周囲にリクルートHDが入ったRTIステーションを設置。シロアリの防除を開始します。

●ステップ 3  活動状況の確認 予め、お客様とお約束したスケジュールに基づき、リクルートHDの状態とシロアリの活動状況を確認します。薬剤が一定以上減っていた場合は、新しい薬剤と交換。数ヶ月でシロアリの巣が根絶します。

※根絶後も、別の巣からシロアリの侵入がないかを引き続き監視します。


駆除型ベイト工法

すでにシロアリの生息を確認している付近に設置し、シロアリを誘ってベイト剤を食べさせて巣ごと駆除する方法です。 駆除用として開発された工法で、 管理型とは異なり、地中に埋めたりせず蟻害部分に直接設置 します。 最近ではイエシロアリの駆除によく使用され効果を発揮しています。

●よくあるご質問 Q&A

Q. 小さな子供がいます。安全性はどうなんでしょう?健康や環境に影響はないのでしょうか?
A. 使用する薬剤は、昆虫の脱皮を阻害するもので、脱皮をする生物にだけ優れた効果を示します。 そのため、哺乳類・魚類等に対する毒性は低く、薬剤の入った容器にはカギをかけるという管理方法の特性とも併せて、セントリコンの作業者・居住者はもちろん、犬・猫・鯉・鳥などのペットや環境にも極めて安全性の優れたものになっています。

Q. 子供が庭で遊んだりするのだけど、イタズラをして薬剤に触れることはないのでしょうか?
A. 器材はカギでしっかり管理しています。 薬剤の入った器材はセントリコンテクニカルマスターが、専用のカギで開け閉めしますから、素手で勝手に開けることはできません

Q. 薬剤からニオイが出る事はないのでしょうか?
A.ニオイが出ることはありません。したがって薬剤を散布する工法のような施工後の換気等は必要なく、普段通りの生活ができます。

Q. どのくらいで巣を根絶できるのでしょうか?
A. シロアリの活動時期や地域・巣の状態にもよりますが、対象の巣の根絶までの期間はおよそ2ヶ月~1年(冬場設置の場合)です。 ただ、駆除が終了しても、放置しておくと他エリアの巣からシロアリが侵入してくる可能性があります。そのためにもセントリコン™・オールウェイズ・アクティブ™でシロアリ防除を「常に稼働中」にしておき、定期的な監視をおすすめします。

※ セントリコン™・オールウェイズ アクティブ™は一般の方への販売を行っておりません。 セントリコン™・オールウェイズ アクティブ™の設置・施工管理には、シロアリに関する知識はもちろん、専門技術や薬剤の取り扱いに関するノウハウが必要になります。また、作業途中でシロアリに刺激を与えると、仲間をエサから遠ざける信号「警報フェロモン」を発し、セントリコン™・オールウェイズ アクティブ™の効果を十分に発揮できなくなる恐れがあります。セントリコンの設置・施工管理は、シロアリ防除のスペシャリストであるセントリコン・テクニカルマスターにお任せ下さい。